概要運営体制挨拶

概要(技術支援本部について)

技術支援本部は、全学的な技術支援及び持続的な技術の継承等をはかることにより、本学の教育研究支援体制強化並びに技術職員のスキルアップやキャリア形成を目的とした組織です。

2007年3月に「教育研究支援本部」の名称で設置され、2013年4月に「技術支援本部」へ改称、さらに2018年10月に改組され、現在に至っています。

技術職員向けのSD研修企画のほか、部局を越えた全学技術支援・技術協力の仕組みを構築し、本学の教育研究力向上に資する活動を行っています。

運営体制

運営体制(印刷用)

ご挨拶

技術支援本部 本部長 山本 文彦

令和2年10月1日より技術支援本部 本部長に就任しました理事の山本文彦です。文学研究院の教員であり専門が歴史学(ドイツ中世・近世史)であるために、これまで技術職員の皆さんと身近に接する機会がありませんでした。しかし昨年度1年間、文学研究院長として、技術支援本部の運営委員会委員を務めたことにより、技術支援本部の概要を知ることができました。

技術支援本部は、専門技術に応じた4グループ7ユニット体制で運営されており、技術職員は240名ほどになります。業務内容も、分析、実験、実習、工作、観測、環境、安全衛生、調査、飼育、検査、情報など非常に広範囲に及んでいます。所属する各部局での教育、研究、管理などの業務とともに、最近は部局をこえた技術支援依頼に対応できる体制を整備しつつあります。

このような多様な技術を有する技術職員は、現在の大学における教育、研究、管理などの面で不可欠な人材になっています。さらに個々の技術職員だけでなく、技術職員の融合によって新たな技術を創出することも可能となります。教員、事務職員、そして技術職員が一体となって、本学の研究・教育の発展に貢献する必要があると思います。

技術支援本部 本部長として、広範な分野で固有な技術を有する技術職員の皆さんに、その能力を十分に発揮できる職場環境を整え、皆さんにこれまで以上にご活躍頂けるように、微力ではありますが誠心誠意、本部長として務めたいと考えています。

皆さんのご支援よろしくお願いいたします。

技術支援本部 副本部長 五十嵐 敏文

技術支援本部副本部長としてまもなく2年になり、ようやくその役割などを理解できるようになりました。自然科学大学間連携推進機構(NICA)における研究支援技術に関する調査部会での議論では、技術職員が、大学の研究、教育、運営を基本的に支援できる人財であり、重要な責務を担っていることが指摘されています。第4期中期目標・中期計画期間では、その役割がますます重要視されることになります。そのため、技術職員のスキル向上、マルチスキルの習得、マネジメントを含む多様な研修、スキル継承の効率化などを通して、技術職員の能力向上の機会を提供していきたいと思います。また、グローバルファシリティーセンター(GFC)とも連携しながら、技術職員の活躍が、全学的、さらには全国的な展開に発展できるように努力したいと思います。このためには、山本本部長を支援し、技術支援本部の発展のため、微力ながら尽力していきたいと思いますので、ご支援、ご協力よろしくお願いいたします。